おすすめリモデルテクノロジー

暑さ寒さをなんとかしたい!


通気胴縁+断熱サイディング

外壁通気工法は、壁の中(外張り断熱の場合は断熱層の外側)の空気が流れるようにすることです。
ということは当然、空気が入る所と空気が出て行くところが無くてはなりません。空気の入口は、サイディングの最も下面に1センチ以上の隙間があけられ、きちんと空気が入るようになっているかどうかがポイントです。そして、空気の出口はサイディングの上で空気を抜くわけですが、一般的には軒裏などに換気口などを設けたり、屋根の棟換気から壁内の空気を放出します。
注意点としては、外壁通気工法をよく理解していない会社が行うもっとも多い間違いは、空気の通路を遮断してしまうことです。住宅には必ず窓がありますが、この部分もきれいに空気が流れる経路を設けないと、折角の外壁通気工法が効果を発揮しなくなります。また折角軒裏に換気口を設けても、その前に天井下地材などで空気の経路を遮断してしまう例が見られます。要注意な施工例の一つです。
遮断してしまうことです。住宅には必ず窓がありますが、この部分もきれいに空気が流れる経路を設けないと、折角の外壁通気工法が効果を発揮しなくなります。また折角軒裏に換気口を設けても、その前に天井下地材などで空気の経路を遮断してしまう例が見られます。要注意な施工例の一つです。